キューサイの青汁で健康生活

green-juice-769129_640.jpg

「うーん、まずい!」で、お馴染みのキューサイの青汁

キューサイの青汁は国産ケール100%を使用。俳優の八名信夫さんが『まずい!もう一杯!』と発するテレビコマーシャルで一躍、キューサイの青汁が脚光をを浴びるようになりました。 青汁の「まずさ」を強調した「CM」で、まずくても、健康に良いというイメージが、定着することによって、多くのリピターが増加したといわれています。

私が、キューサイ青汁を始めて飲んだのが、キューサイさんの青汁でした。ご存知の通り、キューサイの青汁は、ケール主体の青汁です。キューサイの青汁は、私が始めた頃には、まだ、「まずい」というのが、青汁というイメージの頃だったのです。健康に良いということと、その健康食品がどれほどまずいものなのか?

「う~ん!まずい!」「もう一杯!」なんて、苦みばしった顔で言ってみようか、なんて思いながら、始めたのがきっかけだったのです。そんなきっかけもあったのですが、もともと、花粉症や、便秘などの体調の悩みを抱えていたということもあったのです。まあ、始めて見た青汁の実物は、やはり、飲むのにとても勇気がいりました。

ケール主体の青汁は、キューサイ青汁は、そのタイプとして、冷凍タイプのものがありました。その冷凍された青汁を、流水やレンジ、または、自然解凍で生のジュースに戻して飲むのです。しかしながら、初めてのものを、口に入れるときという時には、人間は、ありとあらゆる五感で、そのキューサイ青汁のケールの正体を知ろうとする本能が働くようです。

口に入れる前に、まず、臭いを嗅ぐ。 「お~~!なんと青臭い!」 ちょっと臭いだけで、口に入れることをためらいそうな勢いです。 これから健康の為に、キューサイの青汁を続けて行こうと決めた、私の強かった筈の意志と心がなんとなく萎んでいきそうに感じました。

でも、臭いだけで、ケール主体のキューサイ青汁を口に入れることをためらっているようでは、先に進むことは出来ません。 必要なのは勇気です。 その勇気は、「健康維持」と「生活習慣病」改善と予防の目的のため。 そんなことを思ってか思わずか、勇気を振り絞り、いざ、ケール青汁の解凍された生のジュースを、そのままの状態で一気に口に飲み込みます。

出来るだけ呼吸を止めて・・・。 約コップ半分ほどの青汁が、口から喉を通って、胃に流れ込みます。 流れ込んだ後に、息をした瞬間に、そのケール青汁の青臭い臭いが、口の中から花を通って出てきた瞬間、出てきました!「う~ん!まずい!」 自然に出てしまうこの言葉。 恐るべし『CM』。 という私の始めてのケール青汁を飲んだときの様子でした。

でも、そのまずさは、健康の為に必要なまずさであるのなら、そのまずさを知恵を出して工夫することで、毎日飲めるようにすることが、課題であるように思えました。 とにかく始めたことを、途中でやめるのは嫌な性格でしたから、何とか続けることが出来たということが、今の私の健康維持に役立つことにつながっていると感じます。

おかげさまで、花粉症の症状が、その翌年に治まっていたことには、とてもびっくりしました。ケールの青汁は、確かにその当時は、あまり飲みやすいものではありませんでした。 しかし、今では、とても飲みやすく加工された青汁が、キューサイの青汁さんから出ています。これまで通りの、ケール青汁も現在も変わらず利用することが出来ます。

健康に良いものは、当然のことながら、安心と安全でなくてはなりません。キューサイの青汁は、安心して、私もおススメすることが出来ます。どうぞ、健康の為にぜひ、キューサイの青汁をおススメします。

今では更に、飲みやすく美味しくなった青汁も同時に販売しています。

キューサイの青汁はケール主体100%!

青汁の中でもキューサイは、ケール主体の100%使用。

最近では、大麦若葉、明日葉といった緑黄色野菜を原料とした青汁が知られていますが、やはり、青汁といえば、ケール主体の青汁が最もポピュラーなものとして知られています。

ケールは、一年中栽培できる緑黄色野菜であり、アブラナ科に属する野菜です。アブラナ科に属する野菜の1つにキャベツがありますが、ケールはキャベツのように葉が丸まっていません。食物繊維が非常に豊富で、ビタミンやカルシウムなどのミネラルなどもふんだんに含まれている健康自然食品。

長寿社会の目標である「健康で長生き」の為に、現代人にとって必要不可欠な食品というのは、少し言いすぎでしょうか。




キューサイの美味しい!「はちみつ青汁」


キューサイの青汁、その中でも「はちみつ青汁」は、人気の高い商品です。

人気の理由は青汁を美味しく、更に栄養価を一段と高めたことです。

青汁に使用されているハチミツは、有名な「山田養蜂場」で作られている蜂蜜だから品質も青汁との相性も抜群です。

ビタミンとミネラルの相乗効果もあいまって「美容と健康に」もパワーアップなのです。 美味しくて健康と美容に、ぜひ、「キューサイのはちみつ青汁」をおすすめします♪




青汁のおいしい飲み方


甘いのが好きな人なら、リンゴジュース、オレンジジュース、ハチミツ、乳酸飲料を加えて飲むのがおすすめ。マイルドな味が好きな人なら、牛乳や飲むヨーグルト、にんじんジュース、野菜ジュースなど。

サッパリ系には 、レモン汁や食酢、梅酢がおすすめ♪

かわったものではきな粉や生姜。とにかく自分の飲みやすい方法で毎日続けることがポイントです。

どうしても生の青汁が、苦くて飲みづらいという方には、パックに入った青汁をコップに移さず、そのままストローで直接飲むのもおすすめです。




健康は毎日の青汁から!

毎日の健康のための栄養バランスは大丈夫ですか?
国産ケール100%の「青汁」は、『まずい!もう一杯!』と発するテレビコマーシャルで、一躍「青汁」が脚光をを浴びるようになりました。青汁の「まずさ」を強調した「CM」で、まずくても「健康に良い」というイメージが定着することによって、多くのリピターが増加したといわれています。『温故知新』「まずい青汁」の健康に対する良さはそのままにですが、今では多くの方に愛飲していただける誰でも美味しく飲むことの出来る青汁も豊富に販売されています。 サイト運営者:Hiromi

メニュー